なんで養蜂を始めたいと思ったか?

なんで養蜂やるの?養蜂プロジェクトのことを公開し始めてからよく聞かれる質問。きっかけは面白そうだったから。でも改めて考え始めたらいろんな理由が出てきました。そして今更ながら、これはとても面白いプロジェクトだと思ってます。まず何より、ミツバチの生態が神秘的すぎる…

自分のためのご飯

詰込み型教育の問題は語りつくされてますよね。僕は昔から知識を身に付けるのに時間のかかる人でした。”身に付く”とは身体の一部になること。意識しなくともスッと使える状態。この状態になるのに本当に時間がかかった。

Ikkaku - The New Snack Corner正式開始

お客様とのディスカッションから生まれたこのサービス。無理せずオフィスの一角からWork Healthy文化を広めようという狙いで始まりました。

We started a office snack delivery service called Ikkaku - The Corner Snack.This is a small initiative with a big vision that will develop work-healthy culture in your office.

コグラフ社が健康経営優良法人に認定

健康経営推進をお手伝いしているコグラフ社がホワイト500の中小企業版である、健康経営優良法人として認定されました。認定取得に満足せず、結果にこだわり続けていきます。そしてこの認定が意味をなさないくらいに、人への投資が当たり前な社会になることを目指します。

新サービスIkkakuスタート

オフィスの一角から食習慣の見直しを仕掛ける新サービス「Ikkaku」が全米に複数拠点を有する企業様にてスタートしました。このサービスのゴールは、食習慣見直し対する意識を啓蒙し、さらに行動の変化まで促すこと。今回は紙媒体の強さを活かした取り組みを推進中です。

余白を作って世界を広げる

こういう人って実は多くないですか。好きなことをしていいと言われても、何をしていいか分からない。でもやりたくないことなら、すらすら言える。嫌いを避けるのが優先で、好きは後回しな感じ。

どんな1月を過ごしましたか?

Human Performance Instituteという組織をご存知でしょうか。米国のジョンソン・アンド・ジョンソン(J&J)系列の組織で、人(特に働く人)のパフォーマンス向上に特化した研究所です。このHPIが1ヶ月を振り返るのにちょうどいい自問自答リストを提供してくれました。

躍動

米国で先週話題沸騰となったケイトリン・オオハシさんの競技。このビデオを見た瞬間、「あー、僕はこれをやりたいんだ」と腹落ちしました。理想は、躍動する人たちで社会が満たされている状態。

自分だけのエビデンス

「身体に触ればここ数日間の生活がイメージできる」。カイロプラクターとして、おそらく40年近く活躍されている方から聞いた言葉です。食生活からストレスのかかり方まで手に取るように分かるそうです。