ブルックリン流リーダーシップに迫る(前編)

ブルックリン流リーダーシップに迫る(前編)

オフィス向けにとても美味しいサラダを提供しているサラド社情報メディアikkakuにインタビュー記事を寄稿しました。ぜひお読みください。

——-導入部抜粋——-

人知れず成果を出し続ける人がいる。1人のプロフェッショナルとして、チームのリーダーとして、そして1人の生活者として。そんな隠れたスーパースターが今回インタビューしたクリス。

クリスが籍を置くのは、企業内コミュニケーションのプラットフォームを提供しているオランダ企業「Foleon」ヘッドハンティングされ、北米マーケットをゼロから開拓。入社から5年で北中南米全てを指揮するまでに至り、クライアント数は400社。ニューヨーク・ブルックリンオフィスの社員は30名に達する勢いです。クライアントには、グーグル、アマゾン、マイクロソフト、東京三菱銀行USAといった名だたる企業も含まれ、いまとても勢いのある企業です。

本日から2回に渡り、このクリスのリーダーシップスタイルからチーム作り、異文化コミュニケーション、そしてセルフケアまでに迫ります。今回はリーダーシップスタイルとチーム作りについて。

OPEN Labでは「疲れが抜けない」「気が晴れない」という慢性疲労の方や、皮膚炎や胃腸の不調に悩む方向けに21days体質改善チャレンジを運営しています。少しでもご興味あればこちらの無料メールシリーズに登録してみてください。チャレンジプログラムの特徴をゆっくりお伝えしています。

チャレンジ参加はまだ早い。でも体質改善の10箇条やなぜそれで体質改善できるかは知りたい、という方は こちらのセルフケア習得講座から詳細を学ぶことも可能です。

また21days体質改善チャレンジのLINE@では、LINE@限定のギフト企画、プログラム予定、ブログ等では明かさないような話題も発信しています。
LINE ID:@iwz4824k
Add friend
ブルックリン流リーダーシップに迫る(後編)

ブルックリン流リーダーシップに迫る(後編)

サステナビリティ消費のカラクリ

サステナビリティ消費のカラクリ