料理人とヘルスケア

世界有数で味にうるさい日本人でさえ、なぜか病院食には寛大です。病院食は美味しくなくて当然、と思っている方が大半。退院後に美味しいものを食べることをモチベーションにしてしまうくらい。
そんな病院食の常識を覆しかねないのがドイツ・ベルリンにある病院。ミシュランの星付きレストランのスターシェフから一転、病院で病院食を毎日作っているそうです。

感覚にフタをしない

仕事や人間関係で「なんか違うかも」「本当はこうなんじゃないか?」などの感覚を持っている方は多いと思います。で、数年後に振り返ると、その感覚は大概正しい。